自己破産についてのQ&A

免責について

Q家(自動車)を売りましたが、偏頗弁済になりますか?

A担保の有無と売却価格によって異なります。

住宅や自動車を購入する場合、即金でなければ大抵がローンですから、担保(住宅なら抵当権、自動車なら所有権留保)が付いていることが多いです。

この場合、借主が支払わなければ、担保権者(借金の貸主)は、担保権を実行し、家や自動車を売却してローンの回収を図ります。

担保権は、支払いを滞納した場合に貸金を優先的に回収するための権利ですので、正に自己破産の場合でも当然保護される権利です(別除権)。

このように、担保権付きのものについては、元々、破産手続きにおいてもローン会社が優先的に回収できる性質を持っているのですから、自己破産に至る前に、家や自動車を売却してローン会社に弁済しても、偏頗弁済には当たりません(ただし、そのような担保権があったことは、破産手続きのなかで明確にしておかなければなりません)。

ですので、担保権がなく、そのまま売却した場合、また担保権は付いていたけれど、被担保債権(担保権によって保護されている借金の残金)を超えた高値で売れたので返金があったという場合、単に財産が現金化するだけですので、その金額、使途によって管財事件になるかどうかの指標の一つになります。
被担保債権を超える金額で売れたため、返金があったときは、そのお金を何に使ったかを明らかにしなければなりません。その金額と使途によっては管財事件に移行する場合がある、ということは理解しなければなりません。

当相談室でも、数々の家・自動車を依頼人が売却してきましたが、偏頗弁済と言われたことはありませんでした。むしろ、破産手続きの前に整理しておくことによって、同時廃止が認められることの方が多いです。正当な価格であることが明確であれば、その売却には問題がなく、管財の必要性がないと裁判所でも判断されたからと思われます。

≪ 借金・債務整理Q&Aトップに戻る