個人民事再生についてのQ&A

個人再生による信用への影響

Q個人再生をすると公的な記録に残りますか?

A戸籍や破産者台帳には載りませんが、手続上官報に記載されます。

個人再生をお使いの場合、手続上、官報公告に掲載されます。

個人再生では、①再生手続開始決定の時(民事再生法第35条。お名前とご住所も公告されます)、②再生計画を決議に付する決定の時(小規模個人再生の場合。民事再生法第230条3項4項)または再生計画案を認可すべきかどうかについての届出再生債権者の意見を聴く旨の決定の時(給与所得者等個人再生の場合。民事再生法第240条1項2項)、③再生計画認可決定の時(民事再生法第231条、同第241条、同第10条2項)の3回です。

これらは、手続き上必要なものとされているので、絶対避けることはできません。

ただ、自己破産とは違い、本籍地の破産者台帳や身分証明書などには何も記載されません。

≪ 借金・債務整理Q&Aトップに戻る