Warning: Declaration of top_topics_menu::start_el(&$output, $item, $depth, $args) should be compatible with Walker_Nav_Menu::start_el(&$output, $item, $depth = 0, $args = Array, $id = 0) in /home/ok-jimusho/www/_shakkin/wpcms/wp-content/themes/ss/functions.php on line 0

Warning: Declaration of topics_top_menu::start_el(&$output, $item, $depth, $args) should be compatible with Walker_Nav_Menu::start_el(&$output, $item, $depth = 0, $args = Array, $id = 0) in /home/ok-jimusho/www/_shakkin/wpcms/wp-content/themes/ss/functions.php on line 0
借金100万円での破産の事例 | 再生破産相談室(大阪市北区西天満)

借金整理相談事例

自己破産

借金100万円での破産の事例

Aさんは、Bさんと結婚され、お子様三人をもうけました。しかし、Bんは、どの仕事も長続きせず、度々転職されるので、その度に生活費が足りなくなったため、Aさんが借金して穴埋めし、就職後に支払って借金をなくしていくという生活が続きました。
ただ、借金は一社のみで金額も少なく、増えてもほぼ完済になるという状態でした。
Bさんは、そんな中で住宅を購入されました。支払いは生活費を含めてぎりぎりの状態でした。
それでもBさんは転職を止めず、生活ができなくなったために個人再生手続き(給与者個人再生)を申し立てる、と言い出しました。
その時に、司法書士の先生に依頼するお金もなかったので、BさんはAさんに借金してその費用を作るように強く言い渡し、事情は話しませんでした。Aさんは借金してそれを作り、個人再生の再生計画は認可されました。
しかし、Bさんは、再生計画の3年の期間中、やはり転職や無職になることを繰り返し、買い物をはじめ、生活費と再生計画の弁済全てをAさんに押し付けてAさんの借金を増やしました。再生計画が終了した後数年して、Aさんの借金は200万円を超え、AさんとBさんは離婚し、Aさんは三人のお子様を連れて家を出られました。
Aさんは就職はしましたが、お子様の給与と合わせても生活費はぎりぎりで、困り果てたAさんは、当相談室にこられました。
Aさんは、支払えるものなら任意整理でというご希望でしたが、毎月の余剰が全くないこと、これからもお子様にお金が必要となるであろうことから、自己破産をお勧めしました。Aさんは納得され、自己破産を方針とすることになりました。
ところが、Aさんの借金を調べた結果、一社で100万円あると考えられていた借金が全くなく、むしろ少額の過払い金があることが分かりました。借金は100万円そこそことなりましたが、Aさんには余剰は全くありません。方針は変えず、自己破産を申し立てました。
裁判所は、借金の事情はよく分かるとしながら、Aさんの借金は、多くの割合でBさんが支払うべきものが含まれていると考えられるので、①Bさんから財産分与を受ける予定はないか?ということと、②Bさんに財産はないか?ということを確認して欲しい、と尋ねられました。勿論、Bさんに分与する財産もありませんでしたし、住宅もオーバーローン状態で個人再生を申し立てていましたので、他にめぼしい財産もありません。しかも、どうやらまた方々に借金があることが分かりました。
これらの事を報告した後、裁判所は、ただちに同時廃止決定を下し、二か月後、免責決定も下りました。


※コメント
よく聞かれるのが、100万円では自己破産は難しいというお話です。しかし、個人の破産の要件は、あくまで支払い不能です。その条件が満たされれば、自己破産は認められます。

≪ 借金・債務整理の相談事例集トップに戻る